明治天皇すり替え説

明治天皇すり替え説
孝明天皇の子供である明治天皇が大室寅之祐という人物にすり替えを行ったというものです。
なぜか?
これは南北朝の対立を知ることで理解できます。

鎌倉時代の後期に後醍醐天皇という天皇がいました。この天皇は武士が大嫌いで「日本という国は天皇が直接治めるのが正しい姿で、武士などという人殺し連中が治めるのは間違いだ」として倒幕を計画します。しかしこの時代の天皇は直属の兵を持っていないので、仕方なく足利尊氏や新田義貞らの武士の力を借りて鎌倉幕府を滅ぼしました。そして幕府が滅ぶと、倒幕に協力してくれた武士たちを無視して、全ての権力を自分一人に集中させた独裁政治を行いました。これが教科書に出て来る「建武の新政」です。

しかしこれでは武士たちは収まりません。鎌倉幕府を倒したのは自分たちなのに、後醍醐天皇一人が威張るばかりで、自分たちには何の褒美も地位ももらえない。ざけんじゃねえ!と不満タラタラの武士たちは足利尊氏の下に集結し、後醍醐天皇を攻めました。追い詰められた後醍醐天皇は皇位の証である三種の神器を取り上げられて追放され、奈良の吉野に去りました。そして後醍醐天皇に代わって光明天皇が即位しました。

ところが吉野に入った後醍醐天皇はとんでもないことを言い出したのです。「あの時渡した三種の神器はニセモノで、本物は自分が持っている。自分こそが正しい天皇だ。武士ども、天皇に逆らった逆賊・足利尊氏を討て!」こうして京都と吉野に天皇が二人いる異常な事態となってしまったのです。京都が北朝、吉野が南朝です。

南北朝時代とは、後醍醐天皇の異常とも言えるワガママで自己中心的な性格が引き起こしたものなのです。
Yahoo!知恵袋より

歴史